『ファンタスティックビースト 黒い魔法使いの誕生』を観に行ってきた時のお話。

登場人物紹介

えむふじん

妻えむふじん
漫画のネタにはしてないけれど、最近re:ゼロとエウレカのANEMONEを観に行っていた作者。特にANEMONEは良かったです!ハイエボ1でがっかりした人に観てもらいたいなと思いました。

えむし

旦那えむし
ポイント管理マン。今回は映画館のポイントを使って4DXのチケットを少し安くゲット。

4DXとは

映画上映時に、標準の映像・音声に合わせて座席稼働や環境効果が体感できる。効果は「前後上下左右への動き」「背中への衝撃」「地ひびき」「耳・首筋へのエアー」「足元に何かが触れるような感覚」「風」「水」「霧」「雨」「嵐」「雪」「香り」「煙」「フラッシュ」「バブル」など。

えむふじんの日常Lv731

コ153a
コ153b
コ154a
コ154b
コ155a
コ155b
コ156a
コ156b
座席が振動した時は、ヘッドレストに頭がガンガン当たるくらい揺れてました。私は鼻が低いので3Dメガネがずれるずれる・・・

4DXの感想

結果から言うと、4DXは2時間のアトラクションみたいで面白かったです。家庭ではお金をかけたってまず体験できませんよね。
風はもちろん、雨のシーンで水滴が落ちてきたり、衝撃のあるシーンで背中に衝撃があったり、魔法のシーンではメンソール系の不思議な香りが漂ってきたりもしました!
臨場感は間違いなくありますよ!

しかし、不満も無いわけではありません。
気になるのは、やはりその価格・・・。
109シネマズの場合、入場が3200円、3D映画だった場合はさらに400円(3Dメガネ持参の場合は300円)。2人で行ってメガネなしなら7200円です!!
今回は映画館のポイントが溜まって割引があったので2200円引きになっていたのですが、それでも2人で5000円でした。さすがに気軽に行ける価格ではありません。

良い経験でしたが、4DXは・・・しばらくはないかな 笑

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生の感想

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』は一作目とは少し趣が変わって、物語はシリアスに寄せた内容になっていました。「スターウォーズで言うところの帝国の逆襲みたいな感じかなー?」と言うのが旦那と私の感想。

ジョニーデップ演じるグリンデルバルドは"史上もっとも危険な闇の魔法使いの一人であり、その所業が忘れ去られた後年もヴォルデモート卿に次ぐ実力者として認知されていた"と評される人物。
悪のカリスマ感たっぷりで、今作では主人公のニュートよりも目立っていたのではと思います。英語の映画タイトルだと、「The Crimes of Grindelwald」(グリンデルバルドの犯罪)となっていたので、その扱いの大きさも納得です。
グリンデルバルドにはジュードロウ演じる若いダンブルドア先生との因縁もあります。
他にも驚くような展開もあって、次回作が今から楽しみです!

ファンタスティックビーストシリーズは、全5部作になる予定。次はいつになるんでしょうねー?

ピカブイまんが

本当は昨日貼り付ける予定だった漫画です。

とても長い記事になってしまってごめんなさい・・・。

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!