この前の記事【正直に答えたら、嘘をついたみたいになった話】の続きです。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
観察担当の作者。

えむし

旦那えむし
えむみ担当の旦那。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小二
自分に正直な娘。「BORUTO」や「七つの大罪」のような、少年漫画やアニメが好みな模様。

えむふじんの日常Lv540

「ハガレン展」で神戸ゆかりの美術館に行った時の話

「ハガレン展」で神戸ゆかりの美術館に行った時の話

「ハガレン展」で神戸ゆかりの美術館に行った時の話

「ハガレン展」で神戸ゆかりの美術館に行った時の話

展示物は少し高いところにあったからね、仕方ないね。

なお、こんなに展示物には近づけてはいませんでしたよ、念のため。

子供でも楽しめる展示物

撮影禁止だったので写真で紹介する事はできませんが、原画の他に荒川先生所有の「鋼の錬金術師」に登場する武器の数々も展示してありました。

ホークアイ中尉が使っていた銃や、ランファンたちが使っていたクナイみたいな武器やカタナとか。あとは、国家錬金術師の懐中時計も!

 

原画には、スタッフさんや編集の方に向けたメッセージが書かれてあったりして、連載当時の様子が伺えました。原画は筆致が分かるので、単行本で読むよりも迫力がありましたよ!パンフレット↓

ハガレン展パンフレット

漫画をCGでアニメーション化した映像作品や、先生の作画ムービーも展示してありました。

美術館に行く前は、来館される方は若い方が多いかなとも思ったけれど、行って見ると40代、50代っぽい方も。ファン層も広いですねえ。

好きな漫画だったので小学二年生のえむみでも、静かにじっくりと観て楽しめました。

 

「アルスラーン戦記」も最新刊が出たばかり、「銀の匙」も連載が再開したようですし、荒川先生の今後の活躍も楽しみですね。

美術館もおもしろい

でっかいおさらがのってる!「神戸ゆかりの美術館」は、大阪にある昭和設計さんの建物です。

神戸ゆかりの美術館

昭和設計さんは建築デザインからランドスケープデザイン・都市計画もされている大手の設計事務所さん。

宝塚だと大劇場に続く「宝塚 花のみち1番館・2番館」、大阪だとフンデルトヴァッサーさんの遺作として有名なゴミ処理場「大阪市環境局舞洲工場」や「京セラドーム」も昭和設計さんのプロジェクトですよ。

旦那は建築マニアなので、私も少しだけ詳しくなりました。

 

続き↓

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!