ハンディファンは暑さを吹き飛ばしても、過去は吹き飛ばせない】の続きのお話。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
息子にハンディファンを買っていいよと言った作者。

長男えむお

長男えむお 中三
学校からハンディファンの使用を認められた(但し登下校時のみ)のでハンディファンを買うことにした。夏休みが殆どない中学最後の夏を送る。無駄にこだわりのある少年。無駄に。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小四
YogiboMAXのヌシでもあるが、RODYちゃんのヌシ。しかし、しょっちゅう乗っ取られる。

えむふじんの日常Lv1378

え272c
え271a
え271b
え272a
いきなり忘れていく
地獄から救われたいんちゃうん・・・

どういうことなんや

帰宅したえむおに聞いてみた
え272b
素直に答えてくれたことを評価して今回は許した。
翌日からは持っていくようになりました。

この本を読んで笑いで熱くなって見るのはいかが?

今日も自分で読み返してみたけど、結構面白いよ!

思いを託される買い物

旦那の買い物

買い物のあとはラーメンが食べたい

記事をSNSで拡散していただけると助かります!