予告通り前回の記事、【宿題を世界で一番早く処理する方法は、自分も終る危険性がある】の続きです。

登場人物紹介

えむふじん

えむふじん
今回も義母に当時の話を聞いた作者。

えむし

旦那えむし
この話の主役。前話に引き続き小学生時代の生活の一端を私に語ってくれた。

義母えむはは

義母えむはは
私の義母であり、旦那の母。前回から引き続き出演。当時の話を私に教えてくれた。

えむふじんの日常Lv474

ウソはウソであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

うそはうそであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

うそはうそであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

うそはうそであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

うそはうそであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

うそはうそであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

うそはうそであると見抜かれる人がウソをつくのは難しい

お義母さんからは「あの時は今でも鮮明に思い出せるくらい叱った。」と聞きました 笑

ちなみに先生は日常を参考に、最後のお義母さんことえむはははジョジョ4部のトニオさん、えむしは2部のエシディシを参考にしましたよ。

本当に、すまないと思っている

 

連日こんにちは。小学生時代の事を本当にすまないと思っているえむしです。

 

物凄く心に突き刺さったのでこの一件はハッキリ覚えています。

ここから暫くは真面目に宿題をしたのですが、「暫く」の後は再び時々サボるようになりました。

当時、クラスの黒板の名前と数字が張り出されていて

えむし
----
10

これがクラス全員分ありました。

これだと、えむしが10回忘れ物をしましたよ、と言う意味です。

1回忘れ物があると数字が1増えるだけだったけど、この状態から連続で忘れ物があるとSPポイントがついて

えむし
----
20

こんな風に数字が2倍になりました。

「宿題やったんですけど〜、家に〜忘れてきました〜」でしばらく過ごしていると、この数字が倍々にどんどん増えて、最終的には1000オーバー。罪悪感も麻痺してましたねぇ。

中学で本格的に心を入れ替えるまではウソはつくしズルはするしで、親不孝な子供でした・・・。

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!