無料の有料サービスだけど実質無料の何でも屋さんの話②】の続きのお話。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
朝は弱めの作者。

長女えむこ

長女えむこ 小六
普段はえむみから早く起こしてもらうけれど、休日はゆっくり眠りたい。えむみを裏で操ったり、遊びに付き合わされたりの人生を送る。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小四
早寝早起き娘。早い時だと夜も8時半に寝てしまう。普段は「起こし屋」を営むも、先日から「何でも屋」を始める。こう見えて「お父さんの話す事」を結構きちんと聞いてるし覚えてる。

えむふじんの日常Lv1373

え257a
え257b
え258a
パンのみ無料でございます

ご安心ください

え258b
給付金が出たり、割引率の高さも自慢です。
何でも屋さんの話はまだあるけれど、ここで一旦終わり・・・。お店(ダンボール)が小さいのでまだ廃棄されずに活躍中?です。
みなさま、無料を謳って人を呼び込むやり口にはご注意ください。

試し読みは無料で読めます・・・!

そしてその後購入して読んでくださると嬉しいです🙂

旦那のバイト時代

起こし屋も進化する

何でも屋でーす①

記事をSNSで拡散していただけると助かります!