電車に乗ってお出かけしていた時のお話・・・。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
子供の頃は、やおよろずのかみと言う名前の神がいると思っていた作者。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小二
神様を敬いますん。

えむふじんの日常Lv519

神様は偉いし大変、だから敬いますん

神様は偉いし大変、だから敬いますん

神様は偉いし大変、だから敬いますん

神様は偉いし大変、だから敬いますん

ポケモンとかとは違うんやで・・・

ハシラァ!

日本の神様の場合、数え方は「匹」ではなく、「柱」。ひとはしら、ふたはしら、と数えます。ちゅう、と読むこともあるそうな。

また、一座、二座、と数えることもあるようです。

もう1つ、神社で神様を数えるのに使う言葉として、座があります。柱との使い分けは必ずしも明確ではありません。ただ、座は神話の物語を語る場面では使わず、山や神社に鎮まった神様を数える場合に使います。
https://syukatsulabo.jp/article/1211 より

うん、知らなかった。

神様の数え方は調べてみると他にも色々あるようで、一概にコレ、と言えるようなものはなく説明が難しいなと思いました。

でもそもそも、神様の数を数えるって場面が無いですけどね・・・。

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!