1970年代の婚活シリーズのその後です。

のんびりと描いて行きます。

▼前シリーズ1話目はこちらから
1970年代の婚活(1) お見合いに対するホンネの話

登場人物紹介

えむふじん

嫁えむふじん
そんなに間は空いてない筈なのに、久しぶりにお義母さんの話を描いた気になった作者。うまくまとめられなかったので、2-3話くらいのボリュームになってしまいました・・・。

えむはは

ヤングなえむはは
旦那えむしの母であり私の義母。料理学校の講師をしていた。テレビ番組の料理サンプルも作っていたらしい。料理は作るのも食べてもらうのも好き・・・だけど。

ヤングなえむちち

ヤングなえむちち
1970年代の義父。真っ直ぐで熱中してる時は周りのことがあまり見えないタイプ。職場からえむははの家は1時間以上掛かった。

えむふじんの日常Lv672

1970年代の婚活その後(1) 一途で気まぐれな胃袋を掴み過ぎた

1970年代の婚活その後(1) 一途で気まぐれな胃袋を掴み過ぎた

1970年代の婚活その後(1) 一途で気まぐれな胃袋を掴み過ぎた

えむちちさんな、連絡なしで来はるから、ほんまよく分からへんかったんよ・・・。

えむふじんの日常Lv673

1970年代の婚活その後(1) 一途で気まぐれな胃袋を掴み過ぎた

1970年代の婚活その後(1) 一途で気まぐれな胃袋を掴み過ぎた

ほんでな、前日あんな遅い時間に来るから絶対来ると思うやん?次の日こーへんかったんよ・・・ビックリしたわ。

気まぐれにも程がある

お義父さんは2-3週間連続で夕飯を食べに来ることもあれば、仕事が忙しいと突然来ないこともあるし、仕事が忙しくても上の話のように来る事もあったので全く油断がならなかったとか。
あまり食べに来るからメモを取って見たら、4ヶ月で100回超えてたそうです(笑

 

もちろん携帯はなかったけどな、公衆電話はその辺にあったし家に連絡くらいは出来たんやで…今やったら絶対文句言うてるわ。いや、あの時も文句言うてた気はするけど。

と昔を思い出してため息をついていたお義母さんでした。
お義母さんも朝から普通に料理学校の講師の仕事があったので、夜遅い時はさすがに大変だったと仰ってました。
それでもちゃんとご飯を用意するのはエライと言うか、時代なんですかねえ・・・。

私と旦那の馴れ初め話

えむしとえむふじん馴れ初め

▲画像をクリックで記事一覧へ

記事をSNSで拡散していただけると助かります!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう