1970年代の婚活(1) お見合いに対するホンネの話】の続き。お義母さんのお話です。

登場人物紹介

えむふじん

嫁えむふじん
義母から話を聞いた作者。

えむはは

ヤングなえむはは
旦那えむしの母であり私の義母。前回新しい洋服に釣られて年一回のお見合いをオーケーする

えむははの母

こうばば
えむははの母。神戸の端に住んでいたので「こうばば」さん。娘の嗜好を知り思考を読む。

えむふじんの日常Lv641

1970年代の婚活 お見合い編

1970年代の婚活 お見合い編

1970年代の婚活 お見合い編

1970年代の婚活 お見合い編

1970年代の婚活 お見合い編

1970年代の婚活 お見合い編

一人目の方は船上ディナーで二人だけでお見合い。場所が場所だったので「ちょっとええやん!」って思ったらしいですが、食事が始まって即トーンダウン。お見合いもそこそこに、家に送ってもらうこともせず電車に乗って帰ったと語っていました。

二人目の方はまず、牧場生活がイメージできなかった。そして、おまんじゅうをこっそり食べようと思ったのか、下を向いてもごもごと・・・。義母は悪い意味で衝撃だったと語っていました。

1970年代のご近所付き合い

この時代、家の周りには若い人をくっつけることに生きがいを感じる世話焼きなおばさんやお婆さんがいて、世間話で他の家の年頃になった娘、息子の様子を探りあったと聞きました。その世話好きなおばさん同士のネットワークのようなものも存在したとか。
そうして、「〜に年頃のええ人おるんやけど、あんたのところの娘さん、お見合いどうや?」とよく話があったそうです。

 

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!