お義母さんの婚活シリーズ、第3話目。

第2話目【1970年代の婚活(2) お見合い編】の続きです。

▼シリーズ1話目はこちら
1970年代の婚活(1) お見合いに対するホンネの話】。

登場人物紹介

えむふじん

嫁えむふじん
義母から話を聞いた作者。

えむはは

ヤングなえむはは
私の旦那えむしの母であり私の義母。時は1970年代初頭、結婚はしたくないけれど、新しい洋服のために年一回のお見合いを決意。現在、二度お見合いを経験している。

えむははの母

こうばば
えむははの母。娘を結婚させたい想いは強い。家族からの圧もあったらしい。神戸の都市部ではなく田舎の方に居を構える。

えむふじんの日常Lv644

1970年代の婚活 占いと方角と年頃の娘

1970年代の婚活 占いと方角と年頃の娘

1970年代の婚活 占いと方角と年頃の娘

1970年代の婚活 占いと方角と年頃の娘

1970年代の婚活 占いと方角と年頃の娘

なんでやねん

 

ほんまな、あん時のお母さん(こうばば)には、”なんで写真なんか渡すねん・・・なんでやねん”って思ったんよ・・・。別に個人情報がどうこう言う時代じゃなかったけどね、ちょっとキツイなあ、嫌やなあって。

と現代のえむははは語っていました(上の絵)。

当時、えむははの家は開け放たれていて、土間に自由に人が入れるような古い農家のお宅。「すんまへーん」と言いながら、よく隣人の方などが尋ねて来られたようです。

 

義母編今回は 第3話目でした。

記事をSNSで拡散していただけると助かります!