書籍の発売でちょっと浮かれていた時のお話

コ1514ec

登場人物紹介

えむふじん

ブロガーえむふじん
作者と名乗ってしまった作者・・・。こいつはやべえやつだ。書籍発売日の1月17日に大阪梅田に出向いた。

えむふじんの日常Lv1177

コ1513
コ1514
コ1515
コ1516
だいたいこんな感じでした(多少の誇張あるけど)!
うちのブログのジャンルってなんでしょうねぇ?
『コミックエッセイ』って言葉を使わずに漫画のジャンルの説明してって言われたら多分無理・・・。擬人化の妄想話もあるから必ずしも家族の漫画ってわけでもないし、子供の成長を真面目に描いてるわけでもないから「育児」っぽくもないし・・・
答える人の読むスタンスでジャンルは変わりそう、なんとなく。

お恥ずかしい

自分の描いたものを目の前で他の人に読んでもらうのって、なんとも言えない気恥ずかしさがありますね・・・。
でも誰かが目の前で読んで、それで笑ってくれたのを見たのは初めてだったので、本も感動したけどそこに感動しましたねえ。

コ1516b
最終的には「女性が読む本」ってジャンルに置いていただけました。まあ、うちのブログ男女の割合でいうと確かに女性の方が多いんですが、その数に差があるかというとそこまで無いんですよね・・・。ネタによっては男性の方がアクセス多かったりしますし。

棚置きの担当さんがちょうどご不在で、臨時で置いていただけた感じなので、きっと別なブースに移されてるかなあ?

なお、回った書店は大阪梅田の「紀伊国屋」「bookstudio」、そしてお話の舞台になった「TSUTAYA LUCUA1100」店です。ブログに描いても良いっておっしゃってくださったので、本日漫画にさせていただきましたよ。「bookstudio」には本が結構置いてあったように見えました!

予約開始日に注文したのにまだ届かない人も多いそうで・・・

amazonでお願いした手前、ちょっと申し訳ないです。

LINEさんからのPRで、2月29日までの期間限定トークルームを開設中!

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!