私がガム論者との対決をすることになった時のお話

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
ガムにこだわりはなく、ドラッグストアで買える安いやつで十分な作者。過去、旦那のガムをくすねているのを見つかったことがある

えむし

旦那えむし
仕事をしてる時はよくガムを噛んでいる。現在彼の机の上にはクロレッツのボトルガムが鎮座している。

長男えむお

長男えむお 中二
ガム本来の味をたのしめる中二。エビデンスとかそういうのが重要らしい。

えむふじんの日常Lv1139

タカ派ガム論者の独演会が開かれた
タカ派ガム論者の独演会が開かれた
タカ派ガム論者の独演会が開かれた
タカ派ガム論者の独演会が開かれた
タカ派ガム論者の独演会が開かれた
こうしてキシリトールは私のところにやってきた。

その後

タカ派ガム論者の独演会が開かれた
なぜ余計な一言をつけてしまうのか。
でも、正直ちょっとえむおの気持ちもわからないではないです。キシリトール(ライムミント)は美味しいけど、味がなくなってからの噛みごたえが弱いのですぐ次のを噛みたくなってしまうのはちょっとあるかも。
私は甘いのも好きなので、リカルデントならミントよりもグレープのやつの方が好き。でも、クロレッツはグリーンのミントのやつだけを買ってしまいがち。

 

噛みごたえはないけど、読みごたえのある本目指して作りました

2020年1月17日発売します!

記事をSNSで拡散していただけると助かります!