法事シリーズと言っていいのかどうかわからない、法事シーンは全く出てこない法事シリーズ第4話(完)です。

前回】はこちら

シリーズ最初から読みたい方は【こちら】から。

最後にリンクも貼ってありますのでこのお話から読んでもらっても大丈夫です。

登場人物紹介

えむふじん

妻えむふじん
作者。お供え物の海苔を貰ってきた。

長男えむお

長男えむお 小六
ハンバーグとか、子供が好きな味が好き。昔は魚好きだったんだけど、骨を嫌がって食べなくなってしまった・・・。

長女えむこ

長女えむこ 小三
魚もお肉も好き。でも少し苦かったり辛かったりすると途端に食べるのが遅くなる。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小一
一番下なのに、一番舌が渋い。好きなものは梅干し、たらこ、のり、ポン酢。ポン酢は何にでも合うっていうのが持論。苦味を味わえるのに、ピーマンの肉詰めは不評だった。なんで?

えむふじんの日常Lv195

早くご飯来ないかなあ。海苔といったら白い飯だろうが

早くご飯来ないかなあ。海苔といったら白い飯だろうが

早くご飯来ないかなあ。海苔といったら白い飯だろうが

早くご飯来ないかなあ。海苔といったら白い飯だろうが

早くご飯来ないかなあ。海苔といったら白い飯だろうが

おっさんかよ・・・

 

これ、最後のふたコマのセリフはえむみが発した言葉そのまんまです。

アニメ妖怪ウォッチで孤独のグルメパロディあったけど、それの影響か何かかな?

同じように育てているはずなのに、なぜこの子だけこんなに味覚が渋くなったのかは不明・・・。

 

性格は立場が形作る部分があると思うので、個性に幅が出るのも分かるんですけどねー

法事シリーズ

その1

その2

その3

 

ゲーム独り言・・・

ランクマしないって書いてたけど、ちょっとだけランクマしています。

着地を少し取れるようになったので、かざぐるま級になれました。

ポチッとシェアお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう