長女がウェットティッシュごときを従わせられなかった時の話。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
Lv2くらいの作者。タイトルに"の"が二回続くなー、気になるなー。もういいや、これでいく!

長女えむこ

長女えむこ 小四
ウェットティッシュの使い手Lv1。普通のティッシュは大量に使ってるのでLv99に到達してる気がする。

えむふじんの日常Lv682

Lv1のウェットティッシュの使い手にありがちなこと

Lv1のウェットティッシュの使い手にありがちなこと

Lv1のウェットティッシュの使い手にありがちなこと

Lv1のウェットティッシュの使い手にありがちなこと

Lv1のウェットティッシュの使い手にありがちなこと

Lv1のウェットティッシュの使い手にありがちなこと

なんで?

撮ったった

IMG_7642b

「どうしようこれ」って渡されたあと、そばにいた旦那に写真を撮ってもらいました。
その後、無駄に引き出されたウェットティッシュは私が掃除に使い、仕上げに漫画のネタにして供養しました。

ご報告

実はKADOKAWAの第6回コミックエッセイプチ大賞に応募していました。
livedoorの絵日記や子育てカテゴリーでも大賞をとってらっしゃる方は沢山いますよね。

結果としては一次審査の通過で終わり、賞を取るには至りませんでした。第6回は150作品超の応募があり、一次審査で生き残ったのが10作。大賞はそこから2作品選ばれました。

以下、講評です。

『えむふじんの戯れな日常』

えむふじん

3人の子どもたちの独特な世界観が非常にテンポ良く描かれていた点は◎。なので、他のエピソードは省いて子どもたちを中心に見せていくなど、自身が出せる魅力をもっと理解して、作品に出していってほしい。

順番は関係ないかもしれないけど・・・審査で最初に講評してもらえてたのが嬉しかったです。

 

この作品で応募したよ。

 

記事をSNSで拡散していただけると助かります!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう