長男がゲームを買おうか迷っていた時のお話・・・。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
聞くだけは聞いた作者。

長男えむお

長男えむお 中一
お小遣いを貯め込んで、貯まったお金を見てはニヤニヤしている長男。お年玉にもまだ手をつけていない模様。ある意味ポジティブ思考・・・いや、見たい部分だけを見ているだけなのかも知れない。

えむふじんの日常Lv695

amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る
amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る
amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る
amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る
amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る
amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る
amazonの★1レビューは、250時間の夢を見る

お母さんは「自分で★1つけるようなゲームを250時間もやらなあかんって、どんな苦行やねん」って思ったよ。

結局

なんだかんだ理屈はこねたくせに、結局このゲームは購入に至りませんでした。
11月にはポケモンピカブイが、12月にはスマブラが我が家にやって来るのは確定してるので、ここでお金使わなくて良いやとなったようです(旦那が購入)。

「低評価をつけたけどゲームをやり込んだ人がいるみたいだよ」と旦那に話すと、「気持ちはわからなくは無い」と言っていました。
「ネットが無かった頃はファミ通のクロスレビューとか経験で判断するしかなかったし、もしクソゲーを掴んでしまったら自分を騙しながら、もしかしたらこの次は面白くなるかもしれへんと期待してそれをやり続けてたわ」
と語っていました。

 

ドラクエ漫画描きたいけどネタが無い・・・。プレーしなきゃ!