お部屋がすこし寒くなった時のお話。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
我が家は狭小住宅ゆえ、今年はコタツを出さないと決めた作者。この話の前段に旦那からの抵抗があったけれどYogiboかコタツかを問うとYogiboをあっさり選んだ。しかし、私もコタツは大好きなので苦渋の決断だった。

長男えむお

長男えむお 中三
最弱の抵抗勢力。

長女えむこ

長女えむこ 小六
えむみの発想と思われたものも、後から話をきくと実はえむこの案だったという事もよくある。真面目系だとは思うけれど、油断のならない娘である・・・。コタツは当然好き。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小四
こたつでミカンが大好きらしい。アニメとかで見るよくある光景を再現するのが好き。好きなものに対する熱意と発想は時として私を揺るがせる。

えむふじんの日常Lv1467

え457a
え457b
え458a
まさかコタツ風のものが生み出されるとは・・・

ほら、こっちへ

え458b
確かにあったかかった。私の決意が揺らいだ
薄手のコタツ布団ならアリかなあ🤔でもやっぱ無し
コタツあると気持ち良いんだけど動けなくなるし、ねえ・・・大好きなんだけど。

えむみが感動した謎の柑橘類のお話も入ってるよ🙂

暖かいお部屋でノンビリ読むのもアリ!

時既に・・・

Yogiboで学び

サバサバ系っす