お父さんが真昼間からお酒を飲む時に信じられなくなった話】の続きのお話。

登場人物紹介

えむふじん

母えむふじん
先走り系作者。老舗っぽいお蕎麦屋さんに入った。

えむし

旦那えむし
作者2。情報のソースへの確認は忘れない中年男性。すぐに信じないのでなかなか私のウソも通じない。冷えた白ワインとか冷えた日本酒とか、なんか冷えたお酒が好き。熱燗とかは苦手。私も苦手。

長男えむお

長男えむお 中三
四月を迎えたけど、あえて中三、あえてね。まあ、三月の話だったんでね・・・

長女えむこ

長女えむこ 小六
我が家の応援リーダー。つまりチアリーダー。

末っ娘えむみ

末っ娘えむみ 小四
あ、これは得するなって思ったときは、お姉ちゃんに乗っかるだけの日々を送ることもよくある。

えむふじんの日常Lv1624

え763a
え763b
え764a
しかも目の前の物件へ移動
でもそのおかげで「え?あのご主人さんここの建物のオーナーと何かあった?」とか妄想が捗りました。

一方えむおは

え764b
えむおはケイスケ本田をリスペクトしてるところある、ネタではなく。
でも発言はよくネタにしてる。

コンビニ居抜き物件への妄想が捗る話もあるよ!

よければ購入して読んでくださると嬉しいです🙂

外食のワナ

うどんの思い出

えむおのno1ラーメン一蘭の思い出