馴れ初めのお話、【友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話㉚ 一緒にいたい】の続きです〜
初めて読むよって方は【】から読んでね

登場人物紹介

えむふじん

えむふじん
今回は2日分くらいの量を描いた作者。一ヶ月間ありがとうございました。この日、私は夕方には実家に戻ってしまう予定でした。

えむし

えむし
作者2。前回私にちょっと待てを言い残して電話を切った。追い詰められ過ぎた男の出した答えは・・・?

えむふじんの日常Lv1739

え1011a
え1011b
え1012a
え1012b

ありがとうございます

一先ずは予告通り31日までお付き合いいただきありがとうございました。

今思えば「こういうことだったんだ」と分かる事も、当時の私たちからすると気持ちの答え合わせをするまで分かりませんでした。

だから振り返ってみると茶番みたいになるんですねえ・・・。

これは私が「長期間アメリカに行く、離れ離れにならざるを得ない」という特殊な状況が私たちを大いに追い込んだからこそ生まれた話だと思います。 それがなければ、こんな状態で結婚したいなんてありえなかったはずでしょう。

このシリーズが始まる前に、「付き合う」っていうのは「お互いの好意を共有してるところ」がスタートかなと考えました。

「面白いな」「楽しいな」「綺麗だな」「美味しいな」という気持ちや想いを共有してきましたが、最後まで「好意」は共有する事がなかったので、告白するまではやはりギリギリ「友達同士」だったと思います。

でも、コメントで数多くあった「ほとんど付き合ってる」っていうのはその通りだなと思いますし、それだからこそ最後の決断は早かったです。
そうやってお互いの事を冷静にみたり考える時間も持てたから、楽しい家族も増えて今の形があるのかなと思います(でも、喧嘩とかもしょっちゅうですよ)。

また明日からの日常回の更新も楽しく読んでいただけると嬉しいです🙂

この続きは昨日お伝えした通りな予定ですよ。
ではまた〜。
え1012c

第二章開始的なお話はコチラ▼

よければまた最初から読んで下さいね1話目

友達だった2人が付き合って0日で
結婚を決めた話

各お話へのリンク🙂
】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【
】【】【

前回のエピソード▼

私と旦那の2人で作った本ですよ

よければ購入して読んでいただけると嬉しいです🙂